.

無料downloadsite   |   infotop information   |   INFOCART information   |   info-style information    

モアベストスタイル もっと最高、最良の情報を提供します
                                          スペシャル特典 2
  downloadinfotop infocartinfostyle Guidance

【Be-PINGご利用のご注意】
※申し込みいただくと、始めは「無料お試し15日間プラン」に登録になり、
 登録から15日は試用版ユーザーとして10ブログの登録が可能です
※15日以内に有料化の手続きを行わない場合には
 自動的に「無料2ブログ」ユーザーとなり、継続して利用することが可能です。
 自動的に継続課金されるようなことは一切ございませんので、ご安心してお申し込みください。
※お申し込みできるのは、お試し登録を含めお一人様1回限りとさせていただきます。


以下は有料プランの説明です



PING送信でブログアクセスアップ【Be-PING】のできること その1
SEOに必要な各種ステータスを毎日1回自動調査して記録することができます。

YAHOOインデックス数調査
Googleインデックス数調査
YAHOO被リンク数調査
Google被リンク数調査
ブログの記事数調査(RSSを登録した場合)

表にするだけでなく、グラフで見ることができるので、検索エンジンのアルゴリズム変動や
自己のSEO施策などで変化があった場合に確認することができます。

また、パソコンソフトと違って、WEBベースで作られていますので、
ついつい休みの日にパソコンを付け忘れたなんて事でデータが取れなかったということがありません。

複数のブログも登録できるので、一覧でチェックするのも簡単です。




PING送信でブログアクセスアップ【Be-PING】のできること その2 ping送信機能

2つ目の機能は登録数無限のPing送信機能です。

ping送信と言えば、アメブロやFC2やライブドアなどの無料ブログを開設すると機能が付いてきますが、
ブログ記事を更新すると、ping送信機能が自動的に起動しブログの記事がブログ検索エンジンに登録されるので、
いまやアクセスアップには欠かせない機能となっています。

逆にこのpingを送れる事こそブログの価値があるといっても過言ではないでしょう。


このping送信先は多ければ多いほど良いとされています。

しかし、無料ブログのping送信先は制限がかかっているところがほとんどであり、ライブドアブログで、20個まで、fc2ブログで30個までとされています。


無料ブログに付属しているpingサービスには実はもっと決定的な欠点があります

無料ブログに付属しているping送信機能は、確実に送信しなくても構わず終了してしまいます。

どういう事かと言うと、無料ブログの場合、サーバーに大勢のブログが共存しています。
そのため、大勢でping送信を行うと大きなマシンパワーを食ってしまうのです。

そして個人個人が、多数のping送信をすると相当な負荷がかかりますし
相手のping送信サーバーが込んでいた場合、ping送信は受付されず、不完全のまま終了してしまいます。

無料ブログ運営者からすると、1つのサーバーで多数のユーザーを共存させた方がコストもかからないので
なるべくなら1人のユーザーに対してマシンパワーを与えたくないのです。

ですから送信先の個数制限と、時間制限が設けられているのですね。

これは、無料であるが故の欠点ですね。


ping送信先はメンテナンスが必要
また、やみ雲にping送信先を増やしたからといって必ずしもアクセスアップにつながるわけではないのです。

それは、ping送信先のPingサーバはサービス停止やアドレスの変更に伴い、無効になったり変更されることが多々あるからです。

無料ブログに登録した時点では最新であったものが、半年後には半分も使えないということはよくあることです。

しかも、生きた送信先に送信しないと、pingスパムになる可能性があり、ペナルティを受ける場合があります。

ですから、常に最新のping送信先をブログにセットして、更新しておく必要があるのです。


ping送信先についてまとめると

効果のあるping送信先サーバーをできるだけ多く集め常に最新状態に保つということが重要になってきます。

これは、あなたが登録しているブログ全てにおいて行う必要があります。


個人の日記目的にブログを利用するならまだしも、ビジネスでブログからお金を稼ぎたいと思うのであれば、
上記の事は必ずやらなければならない事と認識してください。



でも正直…これって大変ですね。


1つだけのブログならまだいいのですが、
多数のブログを持っていた場合大変な作業ですよね?


しかも、効果のあるping送信先サーバーを調べて生きてるか検証しなければならないし…数を検証するのも大変です。

ping送信先リストを全部のブログに適用しなきゃいけない…

ping送信一覧を一つ一つのブログへコピペしていくのはかなり面倒な作業です。


これをしているだけで、あっという間に時間がなくなります。


これを一気に解決したのがサテライトSEOの機能その2ping送信機能なのです。


このping送信機能は次のような特徴があります。


ブログの記事が増えた場合にのみ自動感知してping送信を自動的に行います。

これは限りなく手動に近い動作を実現するために機能を実装しました。

世の中にはping送信を自動で行うソフトがありますが、記事も更新されていないのに定期的にpingを送信するソフトが存在します。

これはスパムになり、検索エンジンから消えてしまう恐れがあります。

ですからサテライトSEOではそういったスパム的な行為は行いません!

通常、無料ブログのping送信機能というのは記事が追加されたときのみ起動するようになっています。

このサテライトSEOはあなたの無料ブログを24時間365日監視することにより
あなたのブログが更新されたということを感知し、ping送信します。

PING送信でブログアクセスアップ【Be-PING】を使うメリット

ブログのURLとRSSのURLのみを登録すれば後は設定不要です。
FC2、ライブドアなど有名ブログ全てに対応しています。
ブログだけでなくRSSのあるサイトに全て対応しています。
ブログの記事が増えた場合に自動感知してping送信を自動的に行います。
ping送信先の登録は無制限です。
無料ブログにありがちな、送信先制限はしません。
PING送信でブログアクセスアップ【Be-PING】は専用サーバーを利用しているのでかなり余裕があります。
成功率の高いping送信先をスタッフが毎月更新します。
ping送信先は、常にBe-CMSのスタッフにより追加され
しかも効果のない送信先は送信しないようにしています。
つまり、pingスパムを排除し、生きた効果のあるアドレス
のみをチョイスして最大限のping送信先を常に利用ができるのです。


これを利用すれば、いつもの無料ブログが数段パワーアップして、アクセスアップが可能です。

PING送信でブログアクセスアップ【Be-PING】を利用する注意点

ブログやサイトを複数持っている場合は全部登録することをオススメします。

サイトやブログでどのように数が変化するのか?
これを継続的に調査することにより
良い方向に変化したブログ、悪い方向に変化したブログなどの傾向を把握し、悪い方向に変化したブログを良い方向に変化したブログを参考にして修正することができます。


これは、自分のブログやサイトだけではなく、ライバルのブログやサイトを登録しておくことにより、ライバルのSEO調査も可能です。
ライバルサイトに対しては、ping送信しないようにrssの登録はありません。

このサービスは、申し込み多数になりサーバーの負荷が予想を超えるようであれば新規登録を中止する可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

PING送信でブログアクセスアップ【Be-PING】のまとめ

1アカウント当たり15ブログまで、あなたにかわってPing送信を確実に送ります。

pingを送信するタイミングは記事が追加されたときのみ行いますので、
むやみにpingを打つことが無く、pingスパムにはなりません。

あなたのすることは最初の設定だけ。
1ブログ当たりわずか30秒で作業が完了します。
その情報はサーバーに記録されますので、その後の登録は必要ありません。

一度登録すれば、あなたに代わって24時間365日あなたのブログを監視して、記事が更新された場合にping送信し、アクセスアップに貢献します。

pung送信先は毎月フレッシュな送信先に更新します。

URL毎のSEO調査を毎日行います。
ヤフーとグーグルそれぞれの被リンク数、インデックス数を毎日記録しグラフ化します。
これにより、どのブログが有力なのが一目でわかります。

上記SEO調査は設定により他人のブログやサイトも監視することが可能です。

無料downloadsite   |   infotop information   |   INFOCART information   |   info-style information    
 
 Copyright (C) 2010 モアベストスタイル All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます